手形割引を使った事業融資


赤字決済であっても借り入れが可能な手形割引というのがあります。
手形割引を使った事業資金というのはどういったものでしょうか。
手形割引というのは手元に有る手形を元にお金を貸してくれることです。
この場合の利点としては、手形の振り出し元の企業が優良であれば、借り入れる予定の企業が赤字経営でも、借り入れができる点です。
振り出し元が優良ということは、必ずそのお金が入るということになりますので、いくら借入をしたがっている企業が赤字でも関係がないということです。
手形の振り出し元がしっかりと金を払うことが、ある程度予想できますので、貸主としても安心して貸し出すことができます。
これは、取引先企業の信用でお金を借り入れることができますので、赤字だろうが関係なく担保も必要ありません。
手形割引をすることができるには、優良企業との取引をしていると有利になります。
ただし手形の額面以上の貸付は行ってくれませんので、その点はいくらまで貸付をしてもらえるか確認が必要になります。
これが手形割引を使って事業融資の利点で、お客様が救ってくれたということになります。
ただ、赤字は基本的に良くないので、出来るだけ黒字決済をできるように健全化をしていくことも必要です。