戸田敏博は正義を貫く


中々自分を犠牲にしながら、会社の労働環境をよくしていこうとする男性は少ないと思います。
なぜなら皆は会社から給料をもらう立場のため、会社に意見を言いたくても言えないのが現状です。
しかし戸田敏博という男は違います。
会社の役員が自分達の保身にばかり走り、会社経営は二の次という状態が許せなく、立ち上がったのです。
いつも責任は社員にとらせ、経営者としての責任をとらない役員は、社員のモチベーションを下げいい影響は与えません。
役員は本来、役員同士が牽制し合いながら、会社の業績を伸ばしていくべきです。
現状は、役員同士が傷の舐めあいばかりし、お互いを甘やかしてばかりいます。
それでは優秀な社員は流出し、事業の存続は期待できません。
戸田敏博は違いました。
大きな組織である会社に対し、真っ向から正論で勝負していったのです。
コンプライアンスと大義名分を携えて、行動に出たのです。
会社には多少のインパクトを与えたことは間違いありませんが、会社の経営者が全て変わらなければ、一緒のことです。
私は会社に立ち向かう戸田敏博は、私にとってのヒーローであり、友人でもあります。