高麗人参を試してみることにしました


高麗人参はウコギ科の多年生植物ですが、日本や中国でとれるものと比べると、韓国でとれるものがもっとも品質がよいとされています。
特に6年物はもっとも効果が高く、価値があるとして市場でも人気です。
せっかく摂るなら、本当に効果を持った韓国産の高麗人参を摂るのがいいでしょう。
試してみようと思ったきっかけは、重いPMSが原因でした。
PMSとは月経前緊張症と呼ばれるもので、月経前になるとおなかや腰に痛みが生じたり、体がだるかったり、頭痛がしたりと、あらゆる不快な症状が体に出てきます。
メンタル面ではすぐイライラしたり、何でもないことに目くじらを立てたり、かと思えば落ち込んで泣きたくなったりといったこともあります。
いわゆる不定愁訴です。
高麗人参は抗炎症作用や鎮痛作用、さらには精神安定にも効果を発揮するということなので、女性の不安定な時期を穏やかにしてくれるのではという期待を持ったわけです。
飲み始めたところ、気分的なこともあるかもしれませんが、少し落ち着きを取り戻すことができました。
そのためずっと継続して飲んでいましたが、だんだんとPMSから更年期へと移行してきてからの方が、効果がよく出たような実感があります。
PMS改善のために飲んでいたときより、更年期と呼ばれる年齢に差し掛かってきた今の方が、むしろ毎月の月経時も落ち着いて過ごせている気がします。