虫歯のできやすい人の共通点とは


虫歯ができやすい人にはどのような共通点があるのでしょうか?
虫歯ができやすい人の共通点を知ることで、自分の生活習慣と照らし合わせてみたときに自分が虫歯のリスクが高いかどうかを知ることができます。

まず、おやつなどの間食を頻繁にすることがあげられます。
甘いものを食べた後に歯を磨かずにいると口の中がモヤモヤしてきますが、アレが口の中で虫歯菌が増殖している状態です。
一日に何度も間食をする人は、口の中で虫歯菌が増殖している状態が長く続くことになるので、虫歯リスクが非常に高くなってしまいます。
何を食べたかよりも何度食べるのか、食べ続けてはいないか、自分の生活習慣を見直してみましょう。
二つ目は、口の中が乾きやすい人です。
口の中が乾きやすいという事は、唾液の量が少ないという事です。
唾液には自然の浄化作用があるため、口の中が唾液で満たされている時は虫歯のリスクも低くなります。
しかし、ストレスなどが原因で唾液の分泌量が少なくなってしまうと、それだけ虫歯のリスクも高くなってしまいます。
三つ目は、歯並びがそろっていない状態の人です。
歯並びが凸凹していると、それだけキレイに歯を磨くことが難しくなります。
どうしても磨き残しが多くなってしまうので、虫歯になるリスクも高くなってしまいます。
対応策としては、歯科医院でプロの歯科衛生士からブラッシング指導を受けるとよいでしょう。
歯医者さんを探す時は、歯科検索サイトの口コミでブラッシング指導の感想を参考にする方法もありますよ。