不妊対策に卵子凍結保存を考えよう


現在は晩婚化が進んでおり、30代、40代で初婚ということは珍しくなくなっています。
とはいえ、やはり晩婚化で起きる問題もあり、不妊は多くの夫婦の悩みです。
不妊になる理由はひとそれぞれ違いがありますが、女性の側に原因がある場合は卵子の老化です。
加齢とともに体の機能は少しずつ衰えていきますが、やはり卵子も老化が進み不妊など様々な問題が起こりやすくなってしまいます。
そこで注目されているのが卵子凍結です。
これはその名前の通り卵子を冷凍して保存する方法ですが、若く健康な状態のときに採卵を行い、それを冷凍保存し、妊娠を希望するときに解凍して体外受精し、子宮に戻していきます。
そして安心してこうした治療を利用するためにもまずは信頼ある医療機関を選ぶことが大切です。
赤坂レディースクリニックは様々な不妊治療や高度生殖医療を行っており優れた凍結技術を持ち長期に保存管理が行えるようになっています。
原則として39歳以下の女性が対象となっていますが、40歳以上の方もカウンセリングを受けることができますのでまずは相談してみましょう。
排卵誘発の方法は合う方法はひとそれぞれ違いがありますので、医師と相談しながらそれぞれに合う方法を選びましょう。
卵子凍結|赤坂レディースクリニック